こんな思いを抱き始めたのは昨年から。

今、長野県は信州ワインとして様々な銘柄が出ており、ぶどうの栽培も広まっています。

山梨、信州に続き、流れは全国にも

自分が住む町の隣にもワイン生産が盛んな地域があり、「じゃあ、自分の所では出来ないか?」と思い始めました。

参考にしたブドウ苗販売店

また、昨年ご縁があってフランスに行ったことも影響しています。フランスはワイン大国、その生産量もさることながら、生活や地域に根付いたワイン文化があります。

昨年、フランスに行った際の一枚

こうしたことから、自宅近くの遊休耕作地を利用し、苗を植えてみようと考えています。

今はネットでも購入できる!

今年は苗植え予定の場所を整備しつつ、品種の選定を…。醸造をどこかに依頼しなければならないが、出来れば本当に地元産のワインが飲める!

信州の山里で夢が広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です